• コミックゼノン最新号
  • PICK UP

アニメBeans~タテアニメを見るスマホアプリ~ 世界サイレントマンガオーディション 読み切り祭 Vol.1 | 世界サイレントマンガオーディション 公式ウェブサイト アニメ「劇場版シティーハンター」公式サイト
マンガほっと - 人気マンガや名作マンガが基本無料で毎日読めるマンガアプリ







編集部ブログ更新情報

    ブログ記事を見る

    アニメ・ドラマ・舞台
    • 3.5次元!?「北斗の拳-世紀末ザコ伝説-」最強キャストによって舞台化!!
    • アニメ「ちるらん にぶんの壱」公式サイト

    • コアミックス
    • NSP
    • 動画館アーカイブ
    • コミックゼノンオンラインストア
    • 北斗の拳公式サイト
    • 花の慶次公式サイト
    • 原哲夫公式ウェブサイト
    • 北条司オフィシャルサイト
    • ボノロン
    • pixivコミック
    • 徳間書店
    • カフェゼノン

    最新情報

    yondene_header_harutoao.jpg

    今月はボサ子、中ピンチ。その理由は秋だから。ハイ、そこキョトンとしない。今から切ない女心を説明するから。食欲、スポーツ、マンガ(読書じゃないのがゼノンへの忠誠心よ)といくつもの「〇〇の秋」があるように、秋は何をするにも良い季節ではあるの。ただ、ちょっと体調が悪かったりすると夜は壮絶なまでに寂しいじゃない。好きでもない男にラインしたりするじゃない。いや、アタイはするのよ。そして今回、紹介する『ハルとアオのお弁当箱』はね、誰かと一緒にいることのステキさを破竹の勢いで教えてくれる一冊。つまり今、ボサ子の一人でいたくない指数はマックスまで高まっちゃってるの。都内に持家のある男性なら誰でもいいみたいな気分になってるのよ、うん。

    harutoao01.jpg
    「ハルとアオのお弁当箱」第①巻
    まちた
    定価:本体580円+税
    ああ、話が大幅にそれたわね。でも、これが秋の魔力なの。みんな諦めて。まずは内容説明だけど、すでにかなりの文字数を使っちゃったんであっさり目にいくわよ。ひょんなきっかけで同居することになったオタク女子のハルとオネェの蒼(アオ)のウルトラ心温まるやりとりを描いた作品。ザッツ・簡潔。タイトルにお弁当箱とあるように交換日記ならぬ交換弁当なんてしちゃってるのよ。相手を尊重しながらも、おたがい少しずつ理解を深めていくぽっかぽかの展開は独り身をこじらせたアタイへの強烈なボディブロー。ハッ、いけない。気づいたら昔の男のLINEを開いてたわ。

    良い漫画の条件は読者の心を刺激すること。それでいけば間違いなく名作なんだけど、アタイのように寂しさをビンビンに感じやすいタイプが秋の夜に読むのはかなり危険。ホント、今すぐ同居したくなるから。晴れた日に公園のベンチに座って読むことをお勧めしたいわ。
    zn_top_201810_kiji.jpg

    yondene_header_zako.jpg

    秋の夜長は恐ろしい。油断するとつい物思いにふけって「カルロス・トシキは今、何してるかな」とか、「斎藤佑樹(日本ハム)は来シーズン契約してもらえるのか」とか、「アタイの未来はどうなるのか」とか、景気の悪いことばかり考えてしまうから。今回、悪役商会...じゃなかった、紹介するのはそんな秋の夜長をスカッと過ごすための最終兵器『北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌』。

    早速、あらすじを秘孔をつかれた悪党の断末魔のようにあべしと手短に説明するわね。北斗の世界で暴虐の限りを尽くす拳王軍に就職(入隊)した一人の若者ノブの目を通して描かれるザコたちの青春グラフティ......コホン! ジャンルでいうとギャグマンガね。ノブが拳王軍のあれこれにイチイチ的確なツッコミを入れることで笑いを生み出すわけよ。

    どうしてみんなモヒカンなの? みんなガタイがいいのはなぜ? 普通のしゃべり方はできないの? とちょっと考えてみただけでもツッコミどころ満載だもんね。

    zakobanka01.jpg
    「北斗の拳 拳王軍ザコたちの挽歌」
    原案:武論尊・原哲夫 作画:倉尾宏
    定価:本体580円+税
    このマンガが誕生した裏には北斗の拳の圧倒的な知名度と揺るぎない世界観があるんだけど、改めて考えると北斗ってスゴい作品よね。アナーキーな世界観を細部にまで徹底+それを読者が共通認識として受け入れたからこそ、ザコへのツッコミが成立するんだもの。ホント、マンガ史に残る名作だと思う。

    そして新たな命を与えられた無名のザコたちのダメ活躍は笑いのみを生んだ。秋の夜長をバカ笑いして過ごしたいブラザーたちは今すぐモヒカンにして、砂煙を巻き上げながら本屋へゴーよ。大丈夫、2日も経てばモヒカンも慣れてくるから。
    zn_top_201809_kiji.jpg

    yondene_header_mouryou.jpg

    良いマンガの条件は何か? 昨晩、お布団に入って2分ほど考えた結果、ひとつの結論に達したの。うん、アタイは寝付きがめちゃくちゃいいんだ。のび太クラス。早くも話がそれたわ。答えはストーリーが分かりやすいのに奥行きがあること。物語の世界に引き込むには奥行きが必要だけど、最初から小難しい話をされてもこっちはまだ準備できてなかったりするじゃん。その例でいうと今回、紹介する『魍魎少女』はバッチリ八兵衛な作品なんですよ、ご隠居。ゴメン、思いついたことを書かないと死んじゃう病。

    あらすじを説明するね。魍魎屋の雪之条(ゆきのじょう)は死なない体の持ち主だが三百年以上前に、一緒に魍魎屋を立ち上げた無二の親友である八房(やつふさ)によって体を7つに引き裂かれちゃう。肉片となった雪之条は弟子の林檎丸(りんごまる)とともに体を取り戻す旅に出るのであった~。
    mouryou01.jpg
    「魍魎少女」第①巻
    白石純
    定価:本体580円+税
    ハイ、まず目的が明確で非常にわかりやすいでしょ。それと同時になぜ死なないの? どうして八房に裏切られたの? そもそも魍魎屋って何? 林檎丸はなぜ弟子になったの? といっぱい疑問が出てくるじゃん。完全に物語の世界に引き込まれてるワケよ。勝ち負けでいったらアタイの嬉しいコールド負けよ。

    しかも、ここだけの話だけど、今のところアタイのなぜ? は魍魎屋のお仕事以外はひとつも解決されてないの。そればかりか新たな疑問まで出てきちゃったんだけど、それを書いたらみんなが読むときの驚きがなくなっちゃうでしょ。物語がどういう風に着地するかはわかんないけど、今後の展開が『鬼』楽しみな作品なの。ああ、魍魎少女だけにね。というわけで稲妻の速さで書店にゴー!

    ゼノンコミックス最新刊