プッシュ!第21弾は、ずば抜けた画力でマンガオーディション準グランプリを受賞したヒノミヤ先生です! 4人の男女の恋愛模様を追っていった、淡くそして優しいラブストーリーです♪ もう一度恋してみませんか?

—今回の作品を描こうと思ったきっかけを教えてください。

ヒノミヤ:自分の作品の幅を広げたいと思ったのがきっかけです。実は女の子の柔らかい感じを表現するのが苦手で、恋愛モノや女の子がメインに出て来るようなお話は今まで描いたことがなかったんですが、これからも漫画を描き続けていくのであれば、色々なものに挑戦していかなくては…と思い、今回の作品を描きました。

—これまでに影響を受けた漫画家の先生はいますか?

ヒノミヤ:西烔子先生、藤原薫先生の作品が好きです。絵・心理描写ともに繊細な表現で描かれており、自分が男女が絡むお話に目を向けるきっかけにもなりました。特に西先生の「姉の結婚」を読んだ時の衝撃は大きかったです。

—漫画家になろうと思ったきっかけを教えてください。

ヒノミヤ:小さい頃から絵を描くことが好きで、将来それを活かした職業に就きたいと考えた時、漫画家しか思い浮かばなかったんです。成長して他にも絵を活かす職業が色々あることを知りましたが、その頃には既に自分でお話を作ってみたい!と思うようになっていました。

—本作で苦労したところと見どころはどこですか?

ヒノミヤ:今まで描いたことのなかった題材ということもあり、トーンやベタの入れ方を変えてみたのですが、逆に自分の技術が追いつかず、予想外に完成が遅れてしまいました。なので、見どころ…とはまた違う感じもしますが、作中至る所にある、自分の試行錯誤した感じが伝わって頂けたら幸いです。

—最後に一言お願いします。

ヒノミヤ:今回の作品を描くにあたって、改めて自分の未熟さを思い知りました。と、同時に、今まで以上に"もっとうまくなりたい!"と強く思うようになったのも事実です。この作品に携わって下さった方々、読んで下さった方々への感謝の気持ちを忘れずに、これからも精進していきたいと思います。

とにかく一コマ一コマの情報量が多い作家です。抜群の画力はもちろん、繊細な表情の描き分け、絶妙なアングル、丁寧な仕上げがキャラクターに命を吹き込んでいます。生き生きとしたキャラクターは今にも動き出しそうな錯覚を覚えるはずです。初めてお会いした時はおとなしい印象を受けましたが、ネーム(下絵)を見ると漫画に対する情熱が溢れ出ていました。これから漫画界を担ってくれる弱冠21歳のヒノミヤ先生のデビュー作です。ゼノン読者の皆様が最初のファンになっていただければ幸いです。

タガミ